インナーマッスル

posted in: ダイエット | 0

5月に入ってダイエットシーズンがやってまいりました。
耳ツボダイエットも燃えております(^。^)
「今年こそは・・・」といき込んでいる方に耳ツボダイエットと合わせて必見です。
最近ウエストが太くなった、二の腕がタプタプしている、おしりが垂れてきた…。30代以降は「プロポーションの曲がり角」とよく言われます。
過食や運動不足のツケがあらわれるのもこの年代から。
では、美しいプロポーションのかなめとは何でしょう?
それは、姿勢。姿勢を正すだけで若く痩せて見られます。逆に悪い姿勢は、ボディーラインを崩し脂肪を付けやすく、代謝・体調不良の原因にもなります。
そこで注目して欲しいのがインナーマッスル!
はい、インナーマッスルとは、体を支えてくれている大事な筋肉です。文字通り体の内側にある筋肉で、スポーツ選手などが取り入れているコアトレーニングとかは、このインナーマッスル(深層部にある筋肉)を鍛えると言うことです。
じゃー鍛えたらどうなるの?
インナーマッスルが太いと、体の軸がしっかりとしていて、柔軟性がよくぶれにくいです。
要は、バランスが良くなるですね。
それと同時に、インナーマッスルは、カロリーをよく消費してくれるので代謝が良くなるんです(←ここ重要)
代謝が良くなると、消費カロリーも大きくなる。また体温も上がるので冷え性改善にもなるんです。
インナーマッスルを鍛えるには、バランスボールやYOGA、チューブトレーニング、フィットネスクラブでもコアトレーニングの時間があったりしてお勧めです。
通販でおなじみのBilly’s Boot Campもありますね(笑)
鍛えるときは、使っている筋肉を意識して、力任せではなくゆっくりが基本。
今年は、コアのある体を目指してみませんか?
我が家の同居人、jomoの顔洗いです。
かわいい〜(笑)
[#VIDEO|DOGALOG|48030292/48030292peevee40652.flv|30292|40652|17#]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です