淡路島 自転車 Ride

posted in: 自転車 | 2

雨が続く中、天気予報は晴れを予報していたので早朝を利用して淡路島を自転車でトレーニングがてら走る事にした。

今回のコース。岩屋→洲本→八幡→湊→岩屋の104km。

明石発のたこフェリーに乗り5時半に淡路島の岩屋に到着。
岩屋に着いた時に思った事は
「何なんだ、この暗闇と寒さは?」
日の出と共に海岸線を走る予定が、写真を見てお分かりのように曇りのせいか周りは真っ暗。しかも気温は4℃とかなり寒い。せっかくの淡路なのにこれじゃ〜夜に仕事終わって自転車で家に帰ってるのと変わらないような・・・。
まぁ〜いいか、暖まる為にペダルを踏んでスタートだ!
5km走ってみるが寒い。
10kmまで来たがまだ寒い。
長ズボン履いてても足の感覚が全くない。寒さは変わらず全身の感覚が麻痺している。
20kmまで来てようやく暖まり始めたが体はガチガチ硬直状態。
約1時間走って洲本に到着したけど、相変わらず自転車を漕いでる感覚は無く、なんか不思議な感じ。止まるのも寒いのでこのまま突き進むことにする。
あまりの寒さの為、数時間記憶無し。
あら?対岸に出て来たぞ!
そう、気が付けば60km地点の湊に来ていた。恐ろしい事に時計を見ると2時間13分走ってた。
あと残り40kmだけど寒さでもう体が動かない。
完全に戦意喪失。寒さには勝てずここから長い長い40kmになりました!
途中、持ってきたあんぱんを食べようとするが、手がかじかんであんぱんがちぎれない。これでもか!これでもか!と、あんぱんと格闘しているうちに自分の腕の使い方が分からなくなってきた。これはヤバイということで本気でお風呂屋を探すも海岸線の道は何もなく、公園や路肩を見つけるたびに止まってストレッチするのをするのが精一杯の方法。
そうそう、せっかく来たのだからと写真をいっぱいとるつもりでしたが、カメラをリュックから出すのも全身を使う大仕事なのでこの数枚が限界。

そんなこんなで、ラスト40kmもあまり記憶が無く岩屋に着いて10時発のフェリーに乗る。
ちなみに明石に戻ってきて思った事は
「何だったんだあの4時間半は?」
終止疑問形でよくわからなかったのが正直な感想。
<記録>
走行距離 104km
走行時間 3時間57分
平均時速 26.3km
あんぱんとの格闘 5分
ストレッチ 25分
平均心拍数 144
サイクルメータの情報をみると実際に走っているんだけど、本人は全く走った感覚はないのが残念です。次回はもう少し温かくなってからチャレンジだね。

2 Responses

  1. おっさんガッツ

    SECRET: 0
    PASS:
    いやー、この寒い時期に104キロとはあっぱれです。

    例の不思議な現象は僕もに秋頃に90キロをやった時、その不思議体験アンビリを体験しました。
    僕の場合は眠くて眠くてゴールの銭湯でも浸かりながら寝てしまい危ないとこでしたが、調べたところ風に長時間当っていると体温が同じく長時間低くなり体力が低下し意識が朦朧とするらしいです。

    あのロビーは自宅マンションですがロビーだけは凄いんですよ。

    他は大した事無いんですけどね・・・

    でも淡路は最高ですね!

  2. go-kenkoudou

    SECRET: 0
    PASS:
    おっさんガッツ>低体温症には気をつけます。確かに眠気も来てました。危ない危ない。
    温かくなってリベンジします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です