カレーを背負って早朝ハイキングと植村直巳さんの言葉

posted in: ブログ, 未分類 | 0

こんにちは!

晴れマークが続いている神戸ですが

みなさんいかがお過ごしですか?

aut1.jpg

UTMF、氷ノ山イベントが終わって

少し体を休めていましたが

また、徐々にトレーニングを始めています。

<写真下 リュックもお休みでした>

aut8.jpg

いつもの高羽道。

ここを通って有馬三山や長峰山へ走りに行ってます。

aut2.jpg

この高羽道でよく朝食も食べてるんですよ。

aut4.jpg

今、

タロウとハマっているのが

カレーを背負って早朝ハイキング。

aut18.jpg

スーパー、コンビニで売られている

クオリティーの高そうなレトルトカレーを

片っ端から食すというものです。

雰囲気を出すため

お皿もアルミにしてみました。

aut20.jpg

食後は今後のカレーについて

コーヒーを飲みながら20分程ディスカッションします。

aut19.jpg

たかがレトルトカレーですが

その味を最大限活かすために

食す場所も重要です。

今回は緑に囲まれながら食べてみました。

aut22.jpg

お近くの方はご一緒しましょう!

aut7.jpg

先日、

親が住んでいる鳥取に行ってきました。

ここも自然が豊かなところで

aut5.jpg

走ると気持ちいいんです!

シェルちゃんも

aut10.jpg

マナミちゃんも走る!

aut9.jpg

私は、

UTMFで痛めた膝が痛く

家にあった「American Parks」を読みながら

脳内トレランしていました。

aut14.jpg

鳥取は芝生が
有名で

このように奇麗に手入れされた芝生が

あちらこちらあるんですよ。

この中を猛烈にダッシュしたい・・・・けど、やっちゃ駄目ですよ!

aut13.jpg

今年の夏は

何回BBQできるかを数えています。

10回以上は達成したいな。

<写真下 鳥取牛>

aut17.jpg


FacebookでROLL-OUTのK.KATOさんが

植村直巳さんの言葉をアップしていました。


僕らが子どもの頃 目に映る世界は

新鮮で すべてが新しかった。
やりたい事は何でもできた。

ところが年をとってくると疲れてくる。
人々は諦めみんな落ち着いてしまう。
世界の美しさを見ようとしなくなってしまう。

大部分の人は、夢を失っていくんだよ。
でも、僕はいつまでも子どもの心を
失わずにこの世に生きようと思う。
不思議なものすべての美しいものを見るためにも・・・

いいかい君たちはやろうと思えば何でもできる。
僕と別れた後もその事を思い出してほしい・・・」


aut23.jpg

昨日、

三浦雄一郎さんが80歳にして

エベレスト登頂されたように

常にチャレンジする事を忘れず

良い意味でやんちゃでいたいと思います。



先日、学生時代の同窓会がありました。

残念ながら行けませんでしたが

あの頃、みんなやんちゃだったな〜(笑)

<写真下 良き?学生時代の思い出写真>

aut24.jpg

Leave a Reply