「氷ノ山を走ろう!イベント」走って来ましたよ!

「いや~、やっぱり、氷ノ山はいつ来てもええわ」

雨でも晴れでも楽しめる山、それが氷ノ山。

その氷ノ山に

今回のイベントはANNEXさんのご協力で

ものすごく贅沢&エンターテイメントが効いたものになったので

写真を多めにご報告します。

hyo1.jpg

参加者はサオリさん、メグミさん、ナオさんの3人に

ダイ(サポート)と私(シゲ)の5人が今回のメンバーです。

<写真下 左から シゲ、サオリさん、メグミさん、ナオさん>

hyo34.jpg

初日の天気は雨あがりの曇り空だったのですが

やっぱり氷ノ山は流石です。

こんな天候でもしっかり山というものを

楽しませてくれました!

hyo3.jpg
<写真下 氷ノ山山頂にて>
hyo2.jpg

雨上がりの山の香り、色、空気、雲の流れなど

見るもの、感じるもの全てに感動し立ち止まり

パシャパシャと写真を撮りまくり

「氷ノ山撮影ツアー」

と化してました。

<写真下 氷ノ山東尾根>

hyo4.jpg
hyo5.jpg

<写真下 1日目の行程終了の図>

hyo32.jpg

下山後は

サポートのダイに車で迎えに来てもらい

「やっぱり車は速いね~」

とか言いながらANNEXに到着。

舗装路の登りは車に限りますね。

<写真下 宿泊先のヒュッテ 今回は一棟まるまるお借りしました>

hyo7.jpg

ヒュッテの1階は

キッチンとダイニング、応接間、テラスがあり

2階はロフト付きのお部屋が5室あります。

写真では納まりきれないくらいの広さです。

<写真下 お部屋の中>

hyo31.jpg

4〜5時間程度の行程だったのですが

登って下りてくると結構な疲労感でした。

疲労してるとはいえ

ヒュッテの横にあるアスレチックの看板を見ると

やっぱりやらない訳にはいきません!

全行程全力で回ってみました。

hyo6.jpg

<写真下 最高速で突っ込むの図>

hyo9.jpg

ダイ「でんぐり返しで下りて来て〜」

シゲ「結構な高さだけど・・・・どりゃ!」

良い子は真似しないでね。

<写真下 意を決して行うの図>

hyo
35.jpg

そんなこんなで

さらに疲れた体を

ANNEXのお風呂でゆっくりと回復させました。

一息つくと日差しも指してきたので

テラスでBBQする事になりました。

<写真下 ヒュッテ横からにて>

hyo8.jpg

そしてやって来たのが

凄い料の食材達。

まずはご飯。

写真は1セット。

これが次から次へと運ばれて来るんですよ。

ANNEXは学校なども受け入れているので

この程度の米を炊く事は朝飯前なのでしょうけど

かるく1クラス分は来たと思います(笑)

hyo10.jpg

そして

米が1クラス分に対して

タレは1学年分来ましたね。

容器見ると5Lとか書いてるんですよ。

さすがにタレのお代わりは出来なかったです。

hyo11.jpg

野菜も新鮮で

特に淡路の新タマネギは美味しかったです。

メインのお肉は但馬牛です。

もう、最高すぎてテンション上がりまくりです。

hyo13.jpg

hyo12.jpg

ナオさんは

カレーのルーばりに

タレをご飯にかけて

「タレーライス」を楽しんでおられました。

<写真下 D級グルメのタレーライス>

hyo37.jpg

食べて

食べて

を繰り返し

フランクフルト約20本とタレ2.5Lくらいを残して全員ギブアップ!

続いては

大人のキャンプファイヤー!

<写真下 タイマツに点火の図>
hyo16.jpg

子供達は火を囲んで歌を歌ったりダンスをしたりするのですが

大人は火を囲んで

ただただ炎を見つめ無言で酒を飲む・・・・。

hyo19.jpg

それは冗談ですが

大人になってキャンプファイヤーすることって

そんなにないですし

火を囲んでのおしゃべりは雰囲気もあり

とても楽しかったです。

hyo17.jpg
空を見上げると満点の星空だったんですよ。
カメラでは写しきれなかったのが残念です。
hyo18.jpg

キャンプファイヤーが終わったら

ナイトウォークといって

真っ暗な森の中をロープを頼りに歩いてみました。

ライトも何もないので真っ暗です。

飲み過ぎて行くと変なもの見えます(笑)

そして

ヒュッテに戻っても話しは終わらない。

hyo33.jpg

翌日、朝食前にひとっ走りということで

但馬アルペンルートから氷ノ山山頂を目指しました。

<写真下 但馬アルペンルート入り口にて>

hyo22.jpg

昨日とは正反対の

雲一つない晴天なり。

hyo21.jpg

このルートは走りやすく

山頂まで40分くらいだったので

ひとっ走りにはちょうど良かったです。

<写真下 駆け上がるナオさん>

hyo23.jpg

早の6時30分に

ここにいる事の幸せを感じました。

hyo24.jpg

昨日、走って来た尾根がよく見えます。

<写真下 山頂付近は所々ですが雪が残っていました>

hyo27.jpg

サオリさんとメグさんも

相当なスピードで登ってきましたよ。

hyo29.jpg

hyo25.jpg

ゴールデンタイムを満喫し

8時の朝食に滑り込む。

ここでもご飯の料が半端なかったです。

hyo30.jpg

最後にもう一度お風呂に入ってからイベントを終了とさせて頂きました。

今回は少人数ではありましたが

その分、みなさんとより仲良くなれ

全ての時間を楽しむ事ができました。

ご参加頂いたサオリさん、メグミさん、ナオさん

サポートのダイ、ANNEXの皆様

ありがとうございました。

次回は8月中旬に行う予定です。

その際は、またブログでお知らせいたします。

今回の動画も作成中ですので合わせてアップしますね。

最後に

「いや~、やっぱり、氷ノ山はいつ来てもええわ」

これは

口癖になりそうです。

<写真下 氷ノ山山頂にある避難小屋>

hyo26.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です