第11回六甲縦走キャノンボールラン走ってきました。往路の宝塚〜須磨です。

先週のキャノンボールランが終わって約1週間が経ちました。

珍しくいまだにダメージが残っています。
このダメージは
暑さなのかお酒のせいなのかは分かりませんが
今回は、結構応えましたね。
皆さんはいかがでしょうか?
さて、
皆さんに撮って頂いた写真がたくさんありますので
写真を見ながらキャノンボールランを振り返るとしましょう。
まずは往復組のスタート地点である宝塚です。
今回からTEAMも往復になり
六甲縦走往復にチャレンジする強者がわんさかいましたね。
<写真下 宝塚のスタート地点>
11cb_1.jpg
そんな中、
SPEEDにエントリーしたのに
勝手にPOWERにさせられたと怒る
反キャノンボールラン主義者達も詰めかけ
11cb_p4.jpg
スタート地点は異様な雰囲気に包まれていました。
11cb_p5.jpg
スタートの様子は動画でどうぞ!
選手宣誓はレオちゃんです。
スタートコールはみーやんです。
動画提供 Links.NATURE http://www.linksnature.com/

スタートして苦手な東縦走路を登ります。
途中KATOさんの高級標識発見。
ユッキーと一緒に写真撮影。
KATOさんありがとうございます。
11cb_p3.jpg
東縦走路を登る事1時間40分。
まずまずのペースで一軒茶屋の常峰さんエイド到着です。
常峰号(ハイエース)ではコーラと塩グミを大量補給しました。
<写真下 常峰エイドに到着した私>
11cb_p19.jpg
ここから摩耶山まで10kmほどロードが続きます。
ガーデンてエラスを超えた所で
嬉しいエイド発見!
11cb_p7.jpg
温かいスープがおいしかったです。
11cb_p8.jpg
摩耶山の天上寺では恒例の安産祈願です。
みんなで手を合わせて
「無事に産まれますように!」
これで安産間違い無し!
11cb_p9.jpg
摩耶山の掬星台エイドで少し休憩。
モンテ702ではカレーもありましたね。
動画で撮ってたのでコンソメスープの写真しかありませんが
ここのエイドは中間地点でもあるのでいつも大賑わいでした。
<写真下 掬星台エイドで頂いたコンソメスープ>
11cb_p10.jpg
摩耶山をチョンチョンチョンと下り
市ヶ原をテクテク登り返していたら
前方に裸のランナーが立ってます。
はて?
はじめは暗いのでよく分からなかったのですが
近づいてよく見ると
モモちゃんじゃないですか!
あれ?
本人?
いや、看板やん!
11cb_p13.jpg
あぁ、びっくりした。
ということで
大竜寺エイドに到着。
ここは、カナビラ神戸のエイドとパルさん&カンベのエイドと常峰エイドが合体して
エイド銀座になってました(笑)
ここでリタイアしてもいいくらい十分満足なエイドっぷりでしたね。
<写真下 大竜寺エイド>
11cb_p15.jpg
ガーリックチキン、ソーセージとビールを頂き復活!
11cb_p14.jpg
あ、日本酒も少し頂きました。
11cb_p11.jpg
冷えたビールが体に心地よく
居酒屋から出てきて電車で帰る感じがぴったりでしたが
ここからゴールまでかるく70kmはあります(笑)
気を取り直して進むも
400mくらいでキャノンボールランのトロフィーを作ってくれてる
白本さんエイドでさらに迎え酒(笑)
熱燗はじめましたの張り紙が(笑)
完全に前に進めません。
11cb_p12.jpg
今度こそと
気を取り直して
鍋蓋を下って菊水に登ろうとした時に・・・・・いました!
いや、出ましたこの二人!
こんな所にいたとは!
捕獲されました。
11cb_p17.jpg
ビールサーバーからの冷え冷えビール&チューハイが最高に美味しい!
本当に美味しかった。
くし屋さんありがとうございました!
菊水山を楽に通過出来ました。
11cb_p16.jpg
ビールで生き返ったわたくしは
菊水山をスイスイと登り
丸山の市
街地を抜け
鷹取山もクリアーし
神戸の夜景を横に
気持ちよく須磨アルプスを走っていきました。
<写真下 神戸の夜景>
11cb_p18.jpg
横尾あたりでいつもの睡魔に襲われ
急にペースダウンしましたが
なんとか無事に須磨にたどり着ける事が出来ました。
一回、横尾で寝た記憶があり
それがとてつもなく気持ちよかったので
この時も横になろうと思ったのですが
起きる自信がなかったので進みました。
まぁ、正解かな。
往路の時間は7時間40分くらいです。
須磨到着後はわっしーのチャイで体を温めて
眠りました。
1時間程横になったと思います。
豆乳を筋肉に投入?した成果が現れました。
起きたら足が軽く
復路も頑張れそうでした!
すごいぞソイチャイ!
<写真下 わっしーのソイチャイエイド>
11cb_p20.jpg
すでに
スタート地点には大勢のキャノンボーラーで賑わっていました。
よし!
気合いを入れてSPEEDのランナーに
付いていける所まで行こう!
そう思ったのを覚えています。
<写真下 スタート前の写真>
11cb_p21.jpg
復路につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です