初めてのリードクライミング・東神戸マラソン・STYに向けて

posted in: ブログ | 0

atim1

上の写真は先月のものです。

青空と桜のピンクが綺麗で

通勤Runのときに撮りました。

このコントラストが大好きです。

 

マナちゃんは今月から小学生になり

大喜びで通学しています。

私はその横で

暖かくなった気候に大喜びで通勤Runをしています。

摩耶山に登ったり

atim3

スパイクを履いて

スピード練習したり

atim4

こないだは

スピード練習を終えて帰る途中で

偶然クライミングしている友達と会い

初めてリードクライミングを体験させていただきました。

室内のジムでロープを使わないクライミングはしたことがありますが

下でロープを確保する人と行う

リードクライミングは初めてでした。

 

何が違うのかよくわかりませんが

リードクライミングのように

ロープでつられている場合

落っこちてもロープに助けられるので

相当な高さまで登ることができる点でしょうか。

 

atim5

この日は

5〜6m登って腕が限界でした。

降りてくると腕と指がプルプル震えてるし。

足で登れっ!と言われ

足で登ったつもりでしたが

腕の筋肉を

使ってないようで使ってるもんですね。

降りてくると

こんな感じです。

次回はもっとかっこよく降りてきます。

atim6

 

 

先週は東神戸マラソンに参加してきました。

家の用事で20kmまででしたが

走りも調子良かったので最後まで行きたかったな!

今回は記念大会でもあるので

ゼッケンがハチマキにも首巻きにもなり

なかなかユニークでした。

atim7

ジュンマンとビールで乾杯。

この日は暑かったので

ビールがすすむ君。

楽しかったです。

リベンジとして

今度また一人東神戸マラソンをしたいと思います。

atim9

9月にあるSTYに向けて

スピード練習を積極的に行っています。

 

今回出るSTYの距離は約70kmで

今まで出ていた160kmに比べれば半分以下ですが

長距離が走れても短距離では勝てません。

短距離で勝つには短距離の練習が必要です。

 

ベースとなるスピード練習は

300m、200m、100mのインターバルです。

大会の距離(約70km)からしたら

ものすごく短い距離の練習ですが

経験上この練習は必ず生かせれると信じています。

 

せっかく当選したので

ガッツポーズでゴールできるように

全力で挑みますね。

atim10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です