犬と走る

先週、ようやく六甲山にも雪が降り

まだ暗いうちから

裏山へ遊びに行きました。

 

 

雪の上はフカフカで

走っていても気持ちいいもんです。

犬は冷たそうだけど・・・。

犬も嬉しかったのでしょう

走る姿や目が生き生きしていました。

 

<写真下 目が生き生きしてるの図?(笑)>

鳥の鳴き声、風の音、土の匂いなどにも敏感に反応し

街中を散歩させている時とは

全く違う生き物のようです。

 

随分とたくましくなり

走る姿も立派になりました。

 

あまり強く引っ張られないように

口のところからリードをつけて走りますが

それでも小さなカーブを器用に曲がる姿や

障害物を飛び越す姿は

ずっとこの山に住んでいるかのようでした。

 

山の中を犬と走るというものはいいもんで

犬(動物)との一体感を感じます。

一瞬、山を案内されてるような感覚に陥りました。

 

この一緒に走ってる感じがたまらなく好きです。

さて、キャノンボールランの案内もアップし

これから準備などで忙しくなりそうです。

寒さも続きそうですが

寒さに関係なく

ランパンで山やHAT神戸を激走しますね。

では、次回までナイスRUNで!

Leave a Reply