前鬼川で沢登り 

posted in: 未分類 | 0

今年の夏は暑かったですね。

そんな暑い夏の終わりかけに

奈良県の山奥にある前鬼川に行ってきた記録です。

知人のSNSで偶然見た青く透き通った川の写真。

あまりの綺麗さに魅了され

すぐさま、ネットで調べてみました。

「前鬼川」というらしい。

ほー。

ゼンキガワと読むのか。

前鬼ブルーと称されているのか!

上手いこと言うな。

場所は・・・・・奈良県かぁ。

GoogleMapで場所を調べ

このブログにもちょくちょく登場する

カズさんとアラちゃんに早速情報を送ったのでした。

そうすると、カズさんから来週行こうと!と早速返信があり

3人とも急いで道具を買い揃え

アラちゃんのキャンピングワゴンで前鬼川目指していざ出発!

<アラちゃんのキャンピングワゴン>

神戸から奈良県までは高速ですぐですが

そこからの下道が長かったです。

行程は150kmほどですが

4時間ほどかかりました。

前鬼川に到着したのは真夜中だったので

この日は、車の横にテントを張って

ルドルフ君と寝ることにします。

そうです!

今回はなんとルドルフ君付きです。

カズさんとアラちゃんは

車の天井にテントがありそこで寝ます。

なかなかのドリームカーです。

<アラちゃんのドリームカー>
<ルドルフ君テントにて>

さて、翌朝。

鳥の鳴き声と

かすかに聞こえる川の音で目覚めるという

都会では考えられない

贅沢な朝を迎えます。

森林の香り

ひんやりとした空気

かすかにモヤがかかり

ジャングルの奥深くに来た感覚になります。

準備ができたらルート確認です。

行けたら周遊、無理ならピストンという行程です。

詳しいルートは、ネットにたくさん出ていますので

チェックしてみてください。

<出発前のルートチェック>

私たちの前に2組出発していたので

後を追う様に川へ下りて行きました。

さてさてどんな川なんだろう?

ワクワクしながら下りて行きます。

わあー!

なんだこれ!

想像を遥かに超えるスケールと水の綺麗さに

口を開けたまま

しばらく棒立ちでした。

こんな場所が日本にあるのか!!

来るときは、夜中だったので景色や川の様子が分からなかっただけに

びっくり仰天具合もMAXでした。

まだ川に降りて10分もいないのに

どこを撮っても絵になる景色に3人とも興奮しっぱなしです。

ここ前鬼川は、水の綺麗さはもちろんなのですが

自然が作る造形美も有名で

それらを楽しみながら

登って行けるので

飽きさせないコースとなっているのです。

有名な所は名前が付いており

カズさんが説明してくれます。

ちゃんと下調べをするカズさんと

ぶっつけ本番なアラちゃんと私。

性格の差が面白いです。

あまりの楽しさにどんどん進んでいきますが

奥に行くにつれ

スケールが大きくなり

ルドルフが行けない箇所がいくつか出てきました。

<前を行くパティーの様子>

ロープを持っていっていたので

ルドルフを吊るしたり

引っ張ったりと

3人で協力し合い

ルドルフのポテンシャルと合わせて

なんとか超えて行きましたが

途中、本気で諦めた箇所もありました。

ワンコと行くならその位険しい行程でした。

まぁ、ワンコと行く人いないと思いますが(笑)

終盤に差し掛かり

前を行くパーティーの方に

ルートについて相談すると

降るリスクを考えると

周遊した方がいいと言う事だったので

川から登山道(前鬼三重滝線歩道)を2kmほど登って

車を止めている道に出ることにしました。

結構疲れていたルドルフでしたが

帰れると思ったのか

登りの登山道をほとんど走って

あっという間に到着しました。

出てきたのは、集落みたいな所でした。

<前鬼山集落にて>
<休憩するルドルフ 前鬼山集落にて>

「えらく不思議な所に出てきたな〜!」

案内があったので見てみると

釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)の麓にある

前鬼山集落・小仲坊(おなかぼう)とう所でした。

聞くと、ここは大峯奥駈道を行く修行者さん達の宿だとか。

昔は、いくつかあったらしいのですが

今は、ここだけになってるとのこと。

キャノンボールランで言う所

エイドのような所でしょう。

奥にそびえる釈迦ヶ岳を見上げると

途中、ここの宿がどんなにありがたい場所なのか想像がつきました。

<たぶん釈迦ヶ岳>

車での帰り

行きしは夜で見えなかった前鬼川の全貌をみることができました。

それは、素晴らしく

とても神秘的でした。

<不動七重の滝>

そして、楽しかった沢登り。

ルドルフもよくがんばりました。

今でも、頭に前鬼川ブルーの景色が出てきます。

そして、「大峯奥駈道」と言う修行の道にとても不思議な物を感じます。

特別な何かがあるのでしょうか?

今はよく分かりませんが

大峯奥駈道に魅せられているのは確かです。

<ルドルフ完全燃焼 帰りの車内にて>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です