愛宕山に登ってきました

posted in: 未分類 | 0

今回の記録は、篠山市にある愛宕山(あたごさん)です。

登ったことのない山に登りたく

前日にネットで篠山近辺の見晴らしの良い山を調べ

見つけたのが愛宕山です。

3本くらいルートがあり面白そうなので行ってみることにしました。

いつもの様に朝の5時に起きて

リュックに衣服と水を詰め込んだら即出発です。

篠山までは車で1時間。

愛宕山の麓にある立派な龍蔵寺の駐車場に車を停めさせていただき

案内を写真に収めて早速出発いたしました。

<駐車場横にある案内>

今回選んだのは中央ルート。

ど真ん中を登っていくルートです。

高さも650mなのですぐに着くでしょう!とお気楽な感じで出発しました。

「お、ここが登山道入口か!」

何やら雰囲気のある登山道入口です。

しばらく石段をグイグイ登ります。

最初から意外にしんどいじゃないですか!

さすが中央ルートです!

<この石段は進入禁止とありました>

さて問題が起きたのは

出発して5分の写真上の場所です。

いきなり道がわからなくなりました。

あれれ?

出発前のお気楽な感じが吹き飛びます。

少し戻ってそれらしき道を行きますが

なんとなく方向が違うような感じです。

でも、この道しかないし

信じて進むことにします。

道がどんどん細くなり

ムムムム!

怪しい!

道に迷う前の感覚です。

さてさてどうする?

来た道を戻るか

それとなくあるこの道を突き進むか?

迷ったげくもう少し行ったら道に出るかもと思い

突き進みましたが

尾根沿いに出てもそれらしき道がなかったので

引き返すことにしました。

尾根沿いのそれらしい道を

登ったら山頂に行けそうでしたが

自信がなかったので諦めました。

泣く泣く来た道を戻り

正規ルートを探しながらうろうろしていたら

やっとこさ案内発見!

なるほどね〜!ってところにありました。

山頂まで400mですか?

近くないですか?

よくわかんないけど

進みます。

途中道が不明瞭ですが

とりあえず上に上に上がっていきました。

すると目の前に一本のロープが現れます。

見るとはるか上から張られているようです。

ん?

これを辿れと?

とりあえず辿ってみよう!

おお、なかなかキツイな!

まさに直登!

なので400mなのか!

ここで理解します。

無理やりルートを作った感が半端ないけど

嫌いじゃないよ!と

木とロープにつかまり登って行きます。

こんな直登久しぶりです。

嬉しいな〜。

以前出たUTMFの雪見岳の登りを思い出しました。

あれもきつかったな〜!

久しぶりに味わうこの感覚に喜びを感じながら

登っていくと尾根沿いに出てきました。

案内の看板が立てられています。

東ルートとの合流地点ですね。

もしかすると

最初引き返した尾根を登るとここに出てくるのかな。

山頂は特に何もないですが

少し手前に絶景ポイントがありました。

雲海がとても綺麗!

これを見に登ってきたようなもんです。

気持ちの良い空気と山の稜線を眺めていると

なんとも幸せな気分になりますね。

帰りは、南ルートか東ルートで下ってもいいかなと思いましたが

ロストで時間を無駄にしてしまったので

一番早い来た道を引き返すことにしました。

帰りのロープ場を

スルスルと降りて行き

まるで下降訓練のようです。

ルドルフはヒョイヒョイヒョイと楽勝そうです。

下りを気持ちよく進んでいると

最後、龍蔵寺手前でまさかの転倒。

木の根っこで滑ってしまい腿を強打してしまいました。

何年かぶりに大きく転けて

「あいてててて〜」

と叫んでいると

ルドルフがやってきて

倒れてる私を早く起き上がれと

顔でグイグイ押してきます。

なんとスパルタな犬なんだ!

「ご主人様が倒れてるんだから、もう少し優しくしてくれ!」と

ぶつぶつ言いながら

仕方なくビッコを引きながら下りて行き

龍蔵寺で手を合わせ

なんとか無事に駐車場へ戻ってきました。

<龍蔵寺>

最後の腿強打がきつかったですが

いいお山だったので次は別ルートで行ってみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です