三尾山(丹波市)に登ってきました!

少し前の事になりますが

舞鶴自動車道を走っていると

横にいい感じの尖った山が見え

「何だこの山は!登ってみたい!」

となり、家に帰って調べて調べてみると

その山は「三尾山」とありました。

ネットでさらに調べてみると

いいハイキングコースになっていたので

そっそく行ってみる事にしました。

今回、山のイメージが掴みにくかったのと

ルートに自信がなかったので

登山アプリでお馴染みの「YAMAP」の有料会員になり

地図をスマホにダウンロードし

現在地を確認しながら進む事にしました。

リアルタイムでルート確認ができるのは安心&心強いです!

駐車場に車を停めて

鹿除けゲートを開き登山道に入っていきます。

この鹿除けゲートの開け方がよくわからず

あーだこーだしてしまいます。

開かなかったらどうしよう!と少し焦りましたが

何とかうまく開けることができ

気を取り直して出発です。

まだ夜はあけていないので

ライトをつけて進んでいきます。

<登山口にて>

登山道について驚いたのが

100mおきに

山頂までの距離を案内があるじゃないですか!

とってもハイカーフレンドリーでした。

登っていくと「山岳訓練所」なるものがあり

訓練でも使われるほど

険しいのかと思うと少し気が引き締まります。

YAMAPのルートをみると

まずは三尾山の東峰を目指して登っていきます。

スタートからしっかり登っていく感じが

「うちの山をなめるなよ!」と言われてるようです。

登りながら上着を脱いで体温調節。

所々雪が積もっていて

蹴り足が滑り

イラッとしますが

100mおきの看板に励まされ

グイグイ登っていきます。

ランニングもそうですが距離表示は

励みになるし、ゴールが近づいてる安心感があって良いですね!

ルドルフが何やらクンクンしてます。

見るとヤレヤレ地蔵と言うお地蔵さんに挨拶していました。

<ヤレヤレ地蔵>

ヤレヤレ地蔵とはどー言う意味なんだろうか?

東峰に着くとちょうど朝日が登ってきていました。

<三尾山 東峰にて>
<東峰からの眺め>

見晴らしがよくいい場所だったので

写真を撮って次は東峰の横にある西峰に向かいますが

気が付いたら通り過ぎていました。

展望もなかったので

まー良いでしょう。

YAMAPアプリでルートと

山頂までのおよその距離と時間を計算し

尾根沿いを登っていきます。

朝日が木々を照らし

辺りはオレンジ色に輝いています。

綺麗だ!

ただただ美しい!

全てを忘れ

大自然に解放されるようです。

この瞬間のために早起きをし

登って来た甲斐があるというものです。

山頂まではもうすぐだ!

横手に登って来た尾根が見渡せます。

<登って来た尾根を見る>

出発して4〜50分しか経っていないのに

随分と山奥に入り込んだ感じになるのは

この山の魅力なのか

ただ単に険しだけなのか?

ムムムムム。

不思議な感覚にとらわれます。

見上げると山頂らしき場所が見えました。

もう着いたか!

最後の階段を登ると

平たい山頂の向こうに綺麗な朝日が見えました。

<三尾山山頂からの朝日>

「おぉ、すごい!」と声が出ます。

再び、全てを忘れ大自然に解放されました。

展望が良いのでゆっくりしたかったですが

アプリでルートを確認すると

山頂からゴールまでの距離が結構あったので

ルドルフにお水をあげて

先を急ぐとします。

<山頂にて>

山頂からの下りは

思ったより急でビックリ!

これ逆だったら良いトレーニングだなぁと思いながら

いっきに下ります。

途中、展望ポイントもありましたが

怖くて近寄れず(笑)

ルドルフは平気なようです。

<絶景ポイントにて>

帰りは、ずっと下りかと思いきや

下ろされたら登らされるを繰り返し

進んでいきます。

アップダウンは嫌いじゃないですが

距離が全然進まないので

アプリと睨めっこしながら

帰りの時間に間に合うかちょっと不安になりました。

<アップダウン>

雪で道がわかりにくくなっていたので

「これどっちだ?」

という所はアプリで確認しながら進んでいきます。

1箇所、案内を見落として

ルートそれてしまいましたが

アプリを確認しながら進むことで

50mほどのロスで済みました。

あのまま、違う方向へ行っていたら全く別の場所に出るか

間違いに気づくまで随分と進む事になっていたでしょう!

本当に便利ですね。

<YAMAPアプリの画面 青丸が自分の位置>

半分くらい下って来た所でしょうか?

しっかりとした分岐と案内があり

ホッとします。

数分下ると林道に出て来ました。

さらにホッとします(笑)

<林道にて>

林道に出てから町まではすぐでした。

出口に同じ鹿除けゲートがあり

そこを抜けてゴールです。

駐車場に向かう途中で

山を見上げ

通ったルートをなぞると

ただグルっと周遊したに過ぎないのですが

いつもと違った緊張感があった山でした。

駐車場に戻って来たら一気に力が抜けました。

素晴らしい景色と

険しい道の余韻にしばらく浸ります。

随分んと走った感がありましたが

距離と時間を見るとそうでもない!

距離は5.9km 時間は1時間34分とありました。

そんなものか!

そしてこのYAMAPアプリは

今行ったルートを3Dで確認できるのも面白い!

3D画面にて

そうこうしてると小腹が減ったので

ルドルフと二人でカップラーメンを分けて食べました。

この三尾山の周辺も楽しそうな山がたくさんあるので

今度登ってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です