虚空蔵山に行ってきました・通勤Runはロードバイクを担いで山寺尾根

<写真上 先日の朝日>

今週の低山ハイクは

三田市にある虚空蔵山(こくぞうさん)に行ってきました。

今回も「ふるさと兵庫50山」から展望の良さそうなお山をチョイスした次第です。

 

車で1時間ほどだったでしょうか

藍本駅の駐車場(有料500円)に車を停めていざ出発!

藍本駅は無人でして新鮮でした。

<写真下 藍本駅 駐車場は反対側にあります>

登山道まではしばらく歩きます。

のどかな田んぼの中を抜け

舞鶴自動車道をくぐったら登山道がありました。

今日はここから登り始めます。

どんなお山なのかドキドキです。

登り始めてまず思ったのは「歩きやすい」。

入りの感じで「この山は間違いない!」って思わせてくれました。

 

勾配もなだらかなのであっという間に残り1kmの看板に到着です。

駅から登山道までの舗装路が長いだけで

実際、登山道は1.5kmくらいなのかな。

まぁ、トレーニングだったら物足りないですが

朝の散歩にはいい感じです。

相変わらずルドルフ君も元気いっぱいで余裕の表情。

激坂を欲していますね。

って、それはご主人様だけか(笑)

しばらく登ると少し勾配がきつくなり

山を登ってる!って感じになります。

そこを抜けると

立派なお堂が現れました。

ここで少し休憩。

一緒に登ってるカズさんからいただいたお賽銭で手をあわします(笑)

カズさん、ありがとうございました。

お堂の手前の尾根道は

木々の間をくねくね抜ける感じでお気に入りでした。

お堂からラスト300mはガツンと登ります。

一気に汗が出ますが

登るとご覧の通りこの景色!

どうですか?

いや〜素晴らしい!

この景色が南向きかな。

もっとクリアーな日は淡路島も見えるみたいですよ。

標高は596m。

山頂にはテーブルもあり

なかなかユーザーフレンドリーな虚空蔵山です。

余裕のある方は

ご飯を持ってきて山頂で食べるのもアリですよ。

下の写真が東方向で

登って来た登山口方向です。

 

こう見ると山だらけですね。

片っ端から登ってみたいです。

虚空蔵山は噂通り展望の良いお山で

お散歩ハイクにはベストでした。

いくつか登り口があるみたいで

せっかくなので

帰りは途中から別の道で降りることにしました。

この帰り道もいい道で

とても楽しかったです。

<写真下 帰り道にて 犬の写真を撮る私をカズさんが撮るの図>

そして

下山後のお楽しみはこちら。

キャノンボールランのトロフィーを作ってくれてる白本さんから

アウトドア用のオリジナル鉄板を購入したので早速使ってみました。

この鉄板、ちまたでは白本鉄板と呼ばれています。

まずは、お約束のようにステーキをやいてみました。

スーパーの安いお肉でしたが

とても美味しく焼けて大満足です。

 

続いては、ソーセージ。

これもパリッと出来上がり美味しかったです。

鉄板でこんなにも料理の味が変わるんですね。

下山後の楽しみが増えました。

白本さん、ありがとうございます!

下山後のルドルフ君。

出し切った感じですね。

お肉の香りにも反応せず気持ち良さそうに寝ていました。

さて、次回もどこのお山に行こうかな?

またレポートしますね。

 

 

通勤Runもただ走って登るだけに飽きてきたので

最近は、ロードバイクを担いでいつもの山寺尾根を登っています。

ずっしりと足にかかる負担が

「鍛えられてる〜」って感じでVery Goodなのです!

でも、まだ担ぐのに慣れていないため

バイクで頭を打ったり

自転車が木にひっかかったりして大変ですが

いいトレーニングになっているし

何せ面白い!

 

ロードバイクは乗って面白いのはもちろんですが

担ぐとさらに面白いじゃないですか!

 

もちろん下りも担いで

できるだけ走っています。

なぜ今までこの面白さに気付かなかったのか?

 

自転車は、乗るものではなく担ぐもの!

Katoさんの名言ですね!

やっとこの意味がわかったような気がします。

 

この面白さは半端ないので

キャノンボールランもロードバイクを担いで参戦しようと思います。

 

では、次回までナイスRunで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です